1. HOME
  2. カレンダー制作
  3. 強い会社はなぜ「卓上カレンダー」をノベルティにするのか?
カレンダー制作
企業向け卓上カレンダー

強い会社はなぜ「卓上カレンダー」をノベルティにするのか?

わたしたちUPRが毎年夏からスタートしている、オリジナルデザインの企業向け卓上カレンダー制作サービス。毎年さまざまな企業様からオーダーをいただき、スタンダードな横型B6サイズだけでなく、例えばブランディングを重視する高級アパレル系のプラケース入りタイプや、金融系の3ヶ月セパレートタイプなどを制作しています。いわゆる「名入れカレンダー」には真似のできないオリジナルデザインが売りなので、お客様のビジネスジャンルや目的によってリクエストも実にさまざま。そのひとつひとつが貴重な学びの機会、そして制作実績になっています。そんなわたしたちが常日頃考えているのは、企業に喜ばれるカレンダーのデザインとは? またその先にいるエンドユーザーさんはカレンダーに何を求めるのか? ということ。今回は、ノベルティとしての企業カレンダーの価値について考えてみました。

もらってうれしいノベルティとは?

企業が商品やサービスのプロモーションのために無料で配布するグッズ「ノベルティ」。その代表例となるのが、ロゴ入りボールペン、Tシャツ、マウスパッドなど。最近ではスマートフォン向けバッテリー、ステンレスボトルなど多種多様で、中には「これが無料!?」と驚くようなモノも。しかし実際のところ、市販のものと比べて非常に壊れやすかったり、使いにくかったり、ずっと使われているものって意外と少ないのも事実。では「飽きずに長く使ってもらえる、ユーザーさんが『もらってうれしい』ノベルティって一体何だろう?」。そこからカレンダー制作サービス起ち上げまでは、あっという間の出来事でした。

人気ノベルティは「企業カレンダー」

ノベルティを配布する企業側からすると、できるだけ多くの人に、できるだけ長く使って欲しいのは当たり前のこと。デザイン性の高い「卓上カレンダー」をノベルティとして提供する企業は以前からありましたが、数年前からIT企業のPRのトレンドとなっているようです。

弊社での企業カレンダー制作も、近年、企業様からのお問い合わせが増加傾向。中でも、PC周りにおいても邪魔にならない“コンパクト”なカレンダーはここ数年の人気商品で、この記事の写真にも、弊社で制作させていただいたものがちらほら。小さい卓上カレンダーならパソコンが使える状態になくてもビジネスの予定が把握できますし、スケジュールをペンで書き込むこともできる。加えて毎日目にするものなのでリマインド効果も高い。このようにビジネスでの実用性が高いのも、企業カレンダーが好まれる理由のひとつです。

企業カレンダーのビジネス効果は抜群

記事にあるような有名IT企業様であれば、制作にあたり一定の調査を行なっているはずで、費用対効果の面で優れ、また「ユーザーが最も喜ぶもの=卓上カレンダー」というリサーチ結果を受けてのPR施策であることは間違いありません。ビジネスにおける必需品で、一年通して使えるカレンダーは、まさに「もらってうれしいノベルティ」。ライバル会社に遅れをとらないよう、御社でも、卓上タイプの企業カレンダーで自社PRしてみてはいかがでしょうか?

カレンダー制作ならお客様リピート率92.4%のUPRへ